本文へ移動
米広商事 有限会社
〒682-0151
鳥取県東伯郡三朝町今泉588-1
TEL.0858-43-2101
FAX.0858-43-2122
●建設機械販売、修理、
レンタル
●農林業機械販売、修理、
レンタル
●油圧ホース製作
●産業車両、販売、修理
●スチールショップ
●ネット通販
●サプリメント・美容用品
●部品の輸入販売・卸
≪主要取扱い商品≫
・建設機械
・油圧ホース・関連商品
・クボタエンジン(指定工場)
・林業機械
・産業車輌
・産業機器
・サプリメント
古物商許可証
第701060005405号
中古機械も取り扱っておりますのでお気軽にご相談下さい。

スタッフブログ

スタッフブログ

寒い日のエンジン対策

2019-02-08
カテゴリ:STIHL
朝一番はエンジンの調子が良いけど
次使うときにエンジンが掛からなくて困った!という
修理のご依頼をこの時季多く受けるように感じます。
 
そこでオススメするのは
その日一度でもエンジンを掛けたという場合
チョークを引かずにスターターを引っ張ってみてください。
 
なぜそうするかというとガソリンエンジンは
燃料が濃くても薄くても掛かりません。
エンジン内の燃料は薄い状態から濃い状態へはチョークで調整できますが
濃い状態から薄い状態へは簡単に調整できません。
 
寒い日などに始動するときはチョークを引いて燃料を濃い目にし掛けやすくしますが、
エンジン内の状況によってはチョークが必要ないときもあります。
 
掛からないからといってチョークを引いたままにすると
写真のように多くなった燃料が外に漏れ出る場合もあります。
点火プラグを抜いてみて濡れているかどうか
チェックしてみてくださいね。
 
電子制御のM-Tronicではどうでしょうか?
 
電子制御のM-Tronicを装備したチェンソーは取扱説明書に
「▲の位置で始動します」と記載されています。
通常は▲の位置で始動できます。
ですが▲の位置は吸気を絞るチョーク状態になっていますので
特定の状況で始動出来なくなることがあります。
 
M-Tronic搭載機も一度でもエンジンを掛けた場合は
通常の位置でスターターを引っ張ってみてください。
TOPへ戻る